レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学のA.O.入試

レイクランド大学のA.O.入試

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

デジタルパンフレット

デジタルパンフレット

社会人向けオープンカレッジ

社会人向けオープンカレッジ

入学から卒業まで

レイクランド大学ジャパン・キャンパスでは、英語研修課程と教養課程を設置しており、全ての課程を修了すると短期大学卒業資格である短期大学士号を取得できます。その後レイクランド大学本校や全米の州立私立大学の3年次に編入し、専門課程で学び4年制大学卒業を目指します。

入学から卒業までの教育システム

 

本学の英語研修課程は大学の正規課程の授業であり、修了すると12単位を取得します。従って英語研修課程も含めて文部科学省から外国大学日本校として指定を受けています。英語研修課程では、海外大学を卒業するために必要なスキルをつけることを目的としています。1日3時限、合計4.5時間の授業を月〜金まで毎日受講。集中して英語研修課程の授業を受けることができます。英語研修課程を修了するまでの期間は、英語力や本人の努力にもよりますが、1学期〜5学期となります。

教養課程とは、4年制大学の1〜2年次に相当するカリキュラムです。この教養課程修了までを日本で学びます。教養課程では、どの学部、学科の学生も同じ内容の授業を履修します。ここではまだ専攻分野を決める必要はありません。教養課程では20科目=61単位(1科目あたり3〜4単位)を履修します。各学期ごとに12単位(4科目)を履修し、再履修などがなければ5学期間(1年+2学期)で修了します。この課程を修了すると短期大学士号を取得します。

日本でのカリキュラムを修了すると、レイクランド本校もしくは、全米の州立・私立大学の3年次に編入します。レイクランド大学の専門課程には、経営学部、人文学部、教育学部、芸術学部、社会学部、自然科学部の6つの学部に40を超える専門分野があり、その中から自分が学びたい分野を選ぶことができます。履修する科目は、アカデミック・アドバイザーと相談をしながら決めていきます。

準学士号を取得し、レイクランド大学本校、または全米の州立私立大学の3年次に編入

準学士号を取得し、レイクランド大学本校、または全米の州立私立大学の3年次に編入

教養課程を修了し、ジャパン・キャンパスでの全てのカリキュラムを修了すると、Associate of Arts Degree(準学士号、短期大学卒業資格)を取得します。ジャパン・キャンパス卒業後は、日本で取得した単位を移行し、渡米後本校または全米の州立私立大学の3年次からスタートすることができます。

個人のペースに合わせてカリキュラムが進む「学期単位制」

個人のペースに合わせてカリキュラムが進む「学期単位制」

「学期単位制」は、日本の高校・大学のように1年間ごとにカリキュラムを進める「学年単位制」とは異なり、学期ごとに授業を履修し完結するシステムです。履修できなかった科目があっても留年をする必要はなく、その科目だけを次学期以降に再履修することができます。また、入学の時期も1月、4月、9月とフレキシブル。ジャパン・キャンパスでは、英語研修課程、教養課程ともに年間3学期制で授業が進められています。

卒業までの期間

英語研修課程を1~5学期で修了し、教養課程で5学期間(20科目=61単位)学ぶことで、レイクランド大学ジャパン・キャンパスを卒業となり、在学の期間は2~3.3年となります。レイクランド大学本校に進み専門課程で学ぶ場合は、英語研修課程修了の単位として12単位が加算され、渡米後取得する単位は47単位となり、修了までの期間は専攻分野や履習方法にもよりますが、約2年となります。専門課程を他大学に編入し学ぶ場合も、渡米後約2年で卒業が可能です。