レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学のA.O.入試

レイクランド大学のA.O.入試

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

デジタルパンフレット

デジタルパンフレット

社会人向けオープンカレッジ

社会人向けオープンカレッジ

学生インタビュー

『『自分次第』』

  • 高田 淳平
  • Jumpei Takada
  • Japan
  • 東京都実践学園高等学校出身
  • 英語研修課程
  • ※プロフィールはインタビュー時のものです

 はっきり言って日本の義務教育の中で自分のやりたいこと、情熱を注げることを見つけるのは難しいと思いますが、レイクランド大学ジャパン・キャンパス(LUJ)は私にとってトリガーとなりました。またあなたにとってもトリガーになるかもしれません。この大学で私は自分のことを少しだけ理解できたような気がします。

 自分がこの大学に決めた理由は、『英語を話せる人はいくらでもいる。しかし大切なのは自分の人柄やその人のパーソナリティです』という事務局長中山さんの言葉でした。『いつ誰とでも、どこででも協力できる能力を持つ人こそ国際人』という言葉は自分をとても魅きつけました。今では私の強いモチベーションの一つです。

 入学して、まずは自分を見つけることができました。言い換えると、自分が大変あるいは辛いと思う環境の中で、どのように楽しいと思えるかが大切と思えるようになったのです。さらに授業は話し合いやスピーチを中心として行われるので、うまくできるか不安と希望で胸がいっぱいでした。ですがここに来なかったらこんな壁にはぶつかりませんでした。最初の授業で自分の意見をはっきり言えなかった時と、自分の酷いスピーチに私はがっかりしました。そのかわりその『酷さ』を初めて体で実感できました。とても貴重で新鮮な失敗と、少しの成長でした。自分とまっすぐに向き合い、この失敗から色々なことを自分の成長につなげようとするいいモチベーションになりました!少しだけですがポジティブになれた自分が好きになりました。

 次に、とても素敵な出会いをしました。はっきり言うと、私は環境が私を変えてくれると思っていました。ですが実際劇的に変わるわけではありませんでした。そして自分は甘えていました。私は英語が目の前にあるのに無意識に英語を避けていました。ある日外国人学生が私に質問してきました。なぜ大学内でそんなに日本語を話しているの?一緒に英語で会話しようよ!この時にハッとさせられました。おそらく日本人なら空気を読んでこんな質問はしません。この大学だからこそ、このように声をかけてくれる友達がいてとてもいいカルチャーショックでした。それからクラス外でも英語で喋るようにしていますが、これが今では最強の練習になっています。そしてだんだん英語を話せるようになっていくのがとても楽しいです!

 Frankly speaking, it was difficult for me to determine what I wanted to do in Japanese compulsory education, but Lakeland University Japan (LUJ) triggered some answers for me. At this university, I feel that I now can understand a little more about myself.

 The reason why I decided on entering this university is that I was impressed by Mr. Nakayama's words that there are many people who can speak English, but developing one’s character and personality are more important. His words "ability to cooperate with anyone and anywhere" attracted me very much and still strongly motivate me.

First of all, I can now understand myself better. In other words, I can cope with classes I used to find very painful and boring. Initially, I was full of anxiety about speaking and holding discussions in English, but I hoped that I could perform well in them. I did hit some walls, in other words, I was disappointed that I could not clearly state my opinion in the first lessons and my speaking ability was terrible. I realized "severity" for the first time, and it was a very valuable lesson for my future growth. By meeting those challenges, I am now able to be motivated, to face myself squarely and to try to connect various things to my growth. I started to love myself after I had developed more positive feelings.

 Before entering this university, clearly I thought that the environment would change me. However, in fact, it did not change me dramatically, and I was amenable. I discovered I was avoiding English unconsciously although English was in front of me. One day, a foreign student said to me, “Why are you speaking Japanese so much at this university? Let's talk in English together” I felt relieved by this exchange rather than irritated. Perhaps, Japanese people try to read minds and do not ask direct questions. This university has given me very good culture shocks with friends clearly speaking their minds to me. Then I try to speak in English even outside class, and it is my practice now. It’s a lot of fun to gradually become able to speak English!

*レイクランド大学の学生紹介を多数掲載したパンフレットを無料でお送りしています。
  ご希望の方は以下からお気軽にお申込ください。