レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学の特待生入試

レイクランド大学のA.O.入試

レイクランド大学のA.O.入試

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

ジャパン・キャンパス 学校紹介ビデオ

デジタルパンフレット

デジタルパンフレット

社会人向けオープンカレッジ

社会人向けオープンカレッジ

学生インタビュー

  • メイレン・トラウト
  • Mailen Trout
  • Japan/England

『The Land of Opportunity』

 2016年の初秋、レイクランド大学ジャパン・キャンパス(LUJ)に入学をした時、今後の自分がどうなっていくのか想像もつきませんでした。過去に環境の変化が原因で苦い経験をしたことがあり、LUJでの生活に対して不安を感じていました。それと同時に過去の経験を克服したいと強く思っていました。LUJでの最初の学期が始まってすぐ・・

  • 楠 麻理奈
  • Marina Kusunoki
  • Japan

『何ものにも変えられない物が得られる場所』

 私は昔から学校や集団行動の環境が苦手で、小中高と学校にいい思い出はあまりありません。特に高校生の時、自分は何のために勉強しているのか全くわかりませんでした。毎日、毎週、同じ時間割り、同じことの繰り返し。暗記だけの勉強、学ぶことの意味がわからなく学校生活がとても退屈に感じていました。そんな時、自分はもっと視野を広げてた・・

  • ヒラ・アシュファク
  • Hira Ashfaq
  • Rawalpindi, Pakistan

『The Answer to My Prayers』

 パウロ・コエーリョの言葉にこういうものがあります。『あなたが何かを望む時、この世界全体があなたがそれを手に入れられるようサポートするプランを作り始めます。』 大学進学は簡単な選択ではありません。しかし、私の大学教育を受けたいという強い思いに、何か特別な力が働いて私に教育を受けさせているように感じています。私はパキスタ・・

  • 平野 聖司
  • Seiji Hirano
  • Japan

『知らない自分を見つける』

 高校の3年間で自分の将来について深く考える機会はほとんどないので、高校卒業後の進路を決める段階で、『本当にやりたいこと』をはっきりさせるのは難しいと思います。当時、寮に入って野球漬けの毎日だった僕も、野球以外のことにはほとんど関心を向けていませんでした。高校卒業後は野球を続けないと決めていましたが、いざ大学で何を勉強・・

  • テレル・プルイット
  • Terrell Pruitt
  • U.S.A.

『An Immense opportunity…』

 レイクランド大学ジャパン・キャンパス(LUJ)のことを知る前、私は自分に合った大学をなかなか見つけることができずにいました。高校卒業後、自分がこれから何をしたいのか迷っていたからです。もちろん、大学に通うのはひとつの選択肢でしたが、それでいいのか自信が持てずにいました。しかし、昔から日本に行ってみたいと思っていた私は・・

  • 岡田 真美
  • Masami Okada
  • Japan

『自分の人生に誇れる選択を』

 去年の今頃、私は日本の大学で教授が授業を教える中、教室の真ん中でずっとパソコンをいじっていました。授業へ『単位をとる』ために電車で揺られ大学へと向かう毎日。そんな私の人生を変えたのはカンボジアの1人の女の子でした。 2016年春、カンボジアで貧困な子供たちに無料で教育を提供するフリースクールで、英語教師として働く機会・・

  • シドニー・ブッシュ
  • Sydney Bush
  • U.S.A.

『A Home Away from Home』

 大学に進学することは、高校卒業したての人たちにとってもひとつの挑戦ですが、ましてや他の国の大学に通うことを決めた人にとってはハードルの高い挑戦でもあります。しかし、私はその挑戦をやってのけました。レイクランド大学ジャパン・キャンパス(LUJ)に通うために、私は荷物をまとめて東京まではるばるやってきましたが、今では本当・・

  • 小島 大輝
  • Daiki Kojima
  • Japan

『人生の転機が訪れる場所』

 私がレイクランド大学ジャパン・キャンパス(LUJ)に興味を持ち始めたのは、高校3年生の頃に母がLUJのパンフレットを持ってきたことがきっかけでした。当時の私は色々な日本の大学を訪れては体験授業を受けてみてはいたものの、教授からの一方的な講義、また議論のない授業に日本の大学に対する興味を持てない状態でした。 兄が留学し・・

  • アンドレッサ サシテ
  • Andressa Sacht
  • Brazil

『Lakeland is… Friends, Family, Fun, and For Everyone』

 2009年に日本に来た理由は、短期間だけでしたが働くためでした。東京で過ごした2ヶ月は日本文化と恋に落ちるには十分で、その後3年間、私は年に2回は日本に戻ってきました。2012年、私はこの想いを成就するべく、日本への移住を決意しました。 13歳で仕事を始めたのは経済的に家族の手助けになればと思ったからでした。勉強と仕・・

  • 西村 一光
  • Ikko Nishimura
  • Japan

『自分の可能性を広げる場所』

 高校生の私にはレイクランド大学ジャパン・キャンパス(LCJ)が未知の世界でした。日本に海外大学があるという不思議さ。そこでは英語を使い海外大学の単位を取得する。レイクのことを知れば知るほど、レイクでの生活は、自分が経験したことのないものになると確信していました。自分が求めていたものをやっと見つけられた、そんな興奮にも・・

  • ジャーヴィス
  • カーラーカ
  • Jarvis Carreker
  • U.S.A.

『No Direction? No Problem!』

 高校を卒業したばかりであっても、仕事をしながらでも、大学を選ぶことの難しさはみな同じです。これから先を長期的に見て、自分が何をしたいのかを知っている人なんて、そんなに多くないのではないでしょうか。そしてわからないことは全然悪いことではありません。自分がそう言い切れるのには訳があります。私自身がその内の一人だったからで・・

  • 神邉 沙織
  • Saori Kanbe
  • Tokyo

『夢を追える環境』

 『英語で専門分野を学びたい』、その一心で私はレイクランド大学ジャパン・キャンパス(LCJ)への編入学を決意しました。 幼いころ英会話教室に通い英語で様々な国の人と繋がれることを知った私は、将来的に英語を習得し日本を越えて人々と関わりたいと考えるようになりました。英語科であれば英語を習得できると考えた私は、高校卒業後に・・

*レイクランド大学の学生紹介を多数掲載したパンフレットを無料でお送りしています。
  ご希望の方は以下からお気軽にお申込ください。